競馬G2レースのまとめ集

競馬G2レースのブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

阪神牝馬ステークス 5078

阪神牝馬ステークス - 阪神牝馬ステークス

阪神牝馬ステークス(はんしんひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「サンケイスポーツ杯 阪神牝馬ステークス(サンケイスポーツはい はんしんひんばステークス)」と表記している。

「サンケイスポーツ」は、産業経済新聞社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。

正賞はサンケイスポーツ賞。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・阪神牝馬ステークスのまとめ集

Twitter (#阪神牝馬ステークス)

3日前

@medium_magenta

【重賞レース解説】45.福島牝馬ステークス(1回福島・芝1800m・4上牝・別定・GⅢ):阪神牝馬ステークスと共にヴィクトリアマイルの前哨戦の一競走として施行されるようになった。最近は、波乱傾向がある。
3日前

@medium_magenta

【重賞レース解説】40.阪神牝馬ステークス(2回阪神・芝1400m・4上牝・別定・GⅡ):福島牝馬ステークスと並び、ヴィクトリアマイルの前哨戦として位置付けされている。
4日前

@97329649

@decabitatomas 今、阪神牝馬ステークスの結果見てて今でも現役って、熊沢、和田、デムーロ、北村しかいないのねw 歳食うわけだわ。 有馬はグラスワンダー、ツルマルツヨシの馬連しこたま買って大赤字だったな。負けた事よりツルマルツヨシが故障したのがショックだった。
6日前

@medium_magenta

【重賞レース解説】45.福島牝馬ステークス(1回福島・芝1800m・4上牝・別定・GⅢ):阪神牝馬ステークスと共にヴィクトリアマイルの前哨戦の一競走として施行されるようになった。最近は、波乱傾向がある。
6日前

@medium_magenta

【重賞レース解説】40.阪神牝馬ステークス(2回阪神・芝1400m・4上牝・別定・GⅡ):福島牝馬ステークスと並び、ヴィクトリアマイルの前哨戦として位置付けされている。

阪神牝馬ステークスの関連動画

2018/08/05
2018年4月7日 第61回阪神牝馬ステークス パドック
2018/04/15
2018 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス (GII) ミスパンテール

阪神牝馬ステークスのQ&A

4年前
安田記念の予想をお願いします。
こんにちは。 先週の日本ダービー。 12番人気のマイネルフロストを買い目に入れ、3連複27470円を的中。 マイ予想だけでは絶対に当てることができない馬券でした。 そのマイネルに▲を打...
5年前
ローズSの予想をお願いします。
こんばんは。 今週は3日開催で重賞も日月と分かれました。 枠順は発表されてますが、セントライト記念は明日の夕方以降に別スレを立てますのでよろしくお願いします。 まずはローズ。...
8年前
重賞競走1着賞金
JRA日本中央競馬会の1984年グレード導入前の重賞競走全ての1着賞金を教えてください。 (特に八大競走+現在のGIクラス)
8年前
凄いレース教えて下さい
これまでのレースで1〜2着が最大馬身開いた驚愕のレースはどれでしょうか? また、他にもこれは凄かった!というのがありましたら教えて下さい。 動画サイトにupされているならURLも教えて...
8年前
日本の競馬について
日本の競馬について 全然わかりません。。 G1 がGrade1だというのはわかりました。 大きなレース、主なレースだけでも知りたいので、おしえてください。 あとその特徴もお願いします 雑....
9年前
皐月賞は関東であるので桜花賞の逆で関東馬が有利なんでしょうか?アパパネ
皐月賞は関東であるので桜花賞の逆で関東馬が有利なんでしょうか? アパパネは関西に滞在していたので移動距離もなく疲れませんでしたが、皐月賞の1番人気になると思われるピサは関西馬...
10年前
馬券選定師の情報提供受けた方おられます?
「馬券選定師」 競馬情報サイト http://www.sbaken.com/index.html の情報提供された方おられますか? 過去の的中結果やメール内容が提供を受けた会員IDと受けなかった ..

競馬G2レースのまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

競馬G2レースについて

まだ情報がありません。

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク